海のかたりべ 山根幸伸さん
岩手県宮古市から、お越し頂きました。
なんと、日本のチベットと呼ぶくらい行きづらいそうです。船の基地として最高で、昔はものすごい数の漁船が湾内にいたそうです。
海の森という表現が、とても印象に残りました。海の中にも、アマモの森が広がり多くの魚を育む大切な場所であることを知りました。

そして、大震災の影響
常に自然災害との闘いであることも分かり、大変な努力の末に、水産物が私達のところに届いていること実感しました。

花見かきをブランド化するまでの取り組み、真夏の30度の炎天下で、70度のお湯の水槽にカキをくぐらせて殺菌することが最も大変な作業だと知りました。

生産現場を肌で知ることの大切さを改めて認識し、今後の社員研修に活かしていきます。遠いところ、真にありがとうございます!
スポンサーサイト
【2017/06/14 21:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<セカンドステップへ | ホーム | みなさん、ステキな想い出をありがとう!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://foodoasis.blog76.fc2.com/tb.php/2288-cf9fd98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |